皮下脂肪を落とすとスリム体型になれます【脱・ぽっちゃり】

丈夫な体を保つための力

夫婦

生物のバリア機能

免疫力とは、生物がもとから持っている機能のことで病気やウイルスから体を守る力のことを言います。免疫力は免疫細胞と呼ばれる血液中に存在する細胞の働きによって成り立っており、血流にのって全身に存在しています。この免疫力が低下すると、普段は病気にならない人が風邪をひいたり熱が出たり、腹痛や食べ物の消化不良など様々な症状が体にあらわれます。免疫力は睡眠不足、ストレス、栄養の偏り、栄養不足などで弱くなりますし、加齢によっても徐々に下がっていくため注意をもつことが大切です。特に加齢によっての免疫力の低下は自然現象ですので、食事や運動などで体質改善をしていくことで病気になりにくい体づくりをすることが可能です。

免疫力を高めるためには食事による栄養バランスを整えることが一番有効です。殺菌効果のある食べ物、腸内環境を整える食べ物、体温を上げる食べ物は体内に入り込んだ細菌を人体自ら撃退するために役立ちます。殺菌効果のある食べ物の代表としてはニンニクやショウガが挙げられます。これらはビタミンBとの相性も良いことで有名です。腸内環境を整える食べ物はヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物や納豆などの発酵食品です。これらは腸内で善玉菌を増やす効果が高いので便秘予防にも役立ちます。体温を上げる食べ物は唐辛子や胡椒などのスパイス類が挙げられます。またショウガも体温が上がる効果があります。これらは摂取しすぎると血圧への影響もありますし内臓への負担もありますので注意して摂取しましょう。日本食が人気なのは、これらの免疫力を高める素材が多く含まれているからですね。